注目キーワード  ユメロック  ペンギンシール
 キシラデコール  塗料用シンナー  パーフェクトトップ

main
2019年 07月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
今日
2019年 08月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

 

トップ > キシラデコールってなぁに?

 キシラデコールってなぁに?

 
 DIYに欠かせない木部用塗料。
 実にたくさんの種類がありますが、その中でも、長い歴史とダントツな知名度のある
 「キシラデコール」について、その特徴をご紹介いたします。

 
 ・その前に、塗料について少しだけご説明いたします!


 
 下の図をご覧ください。
 塗料はこのように分けることができます。

 キシラデコールは、この図の中では、オイルステインのグループに入ります。
 


キシラデコール


 
 
 オイルステインってなぁに?


 オイルステインとは、屋内外の木部に使用する塗膜を作らない塗料です。
 低粘度、液状で、刷毛などで塗布し、木材に浸透させて着色することができます。
 ですから、「オイルステイン」は、商品名ではなく、木部用油性着色剤の総称になります。
 つまりは、メーカー毎に商品名が異なることになります。

 


   キシラデコール



 
 キシラデコールって、いろいろあるの?


 ホームセンターには、キシラデコール家庭用というものがあり、
 インターネットで検索したりすると、
 キシラデコール業務用という表記があったりします。
 家庭用と業務用は違うんですか?
 という質問をよく頂戴しますが、中身は全く一緒です。

キシラデコール



 
キシラデコールの歴史


古くから木材劣化は悩みの種でした。1930年頃にアメリカでNSPという木材防腐剤が誕生しました。
この時はまだ、防腐効果だけで着色することができませんでした。
その後、1950年頃から木材防腐剤は開発され続け、
1970年にakzonobel社(当時deswag)がキシラデコールを販売しました。

アメリカで誕生しましたが、ドイツの工業規格で「カビ、木材朽菌及び木材害虫から建物の木造部分を保護する」と
認定され、ドイツ連邦政府から製造許可されている製品なのです。日本で初めて使われるようになったのは1971年です。

発売当時は武田長兵衛商店(現在の大阪ガスケミカル(株))が、
ドイツで生産されたものを輸入していましたが、現在では日本の風土に合った製品づくりを目指して、

国内で研究・開発・生産され、数多くの文化財や公共施設にも使用されています。

 

  キシラデコール

  塗装事例:八甲田ホテル(青森県)




 
製品名 キシラデコール  キシラデコール  キシラデコール   キシラデコール
溶剤 油性 油性 水性 水性
塗膜 浸透形 浸透形 浸透形 造膜形
用途 屋外木部 屋外木部 屋外木部 屋外木部
適合規格

WP(カビ抵抗性含)

WP(カビ抵抗性含) WP(カビ抵抗性含) WP(カビ抵抗性含)
防腐性
防虫性
防カビ性
防蟻性 - - - -
容量 4L/16L 3.5L/14L 3.5kg/14kg 3.5kg/14kg
色数 16色/カラレス含む 18色/カラレス含む 6色/カラレス含む 18色/
塗布量 5〜7平米/L 5〜7平米/L 4.5〜8.3平米/L 4〜6.6平米/L
塗り重ね乾燥時間 12時間以上 6時間以上 2時間以上 1〜2時間以上
期待耐用年数 3年程度 3年程度 5年程度 7年程度
特長 防腐・防カビ・防虫 速乾・低臭 高着色・高耐候 通気性・密着性





  キシラデコールに、種類ってあるの?


  キシラデコール

 キシラデコール、キシラデコールやすらぎ、キシラデコールフォレステージ、
 キシラデコールコンゾラン、キシラデコールインテリファイン
 キシラデコールには、このような種類があります。それぞれの特徴についてご説明いたします。



  キシラデコール 

 【キシラデコール】
 屋外木部用・油性・高性能木材保護塗料

 木材に浸透して表面に塗膜を作らないため、木材の呼吸を妨げることなく通気性を保つことができます。
 そのため、塗膜による膨れ・割れを起こすことがありません。
 ムラになりにくく、初めての方にも塗り易く仕上げが簡単です。防腐・防カビ効果があり、
 木目を生かした自然な仕上がりです。色持ちの良い優れた耐候性もキシラデコールの特徴です。



キシラデコール

【キシラデコール やすらぎ】 
屋外UVカット白木用・木材保護塗料・油性


色もちのよい紫外線カット顔料(超微粒子顔料)を使用しているため、日光や雨から木材を守り、
白木の美しい風合いを生かした透明感のある仕上がりが特徴です。
木材に浸透して塗膜を作らないため、木材の呼吸を妨げることなく通気性を保つことができます。

  ご注意ください!
UVカット顔料を含むため、完全なクリヤーではありません。
木材によっては、仕上がりが少し白っぽくなる場合もありますので、試し塗りをおすすめいたします。
 

 
 
 
 キシラデコール

 
【キシラデコールフォレステージ】 
  屋外木部用・高性能木部保護塗料・油性


  キシラデコールの性能をそのままに、低臭性を実現したものが、
  キシラデコールフォレステージです。


 
  キシラデコール
 
【キシラデコールコンゾラン】
 屋外木部用・高耐候木材保護塗料・水性・造膜


 防腐・防かび・防虫効果のある、塗膜を作るタイプの水性塗料です。
 キシラデコールコンゾランは、塗膜の質を徹底的に追及し、
 塗膜に柔軟性と通気性があるので、ワレやハガレが生じにくい塗料を実現しました。
 色づきが良く、古い木材でも明るく仕上げることが出来るのも、キシラデコールコンゾランの特徴です。



 

キシラデコール
【キシラデコールインテリアファイン】 
屋内木部用ステイン・水性


食品衛生法、学校環境衛生基準などに適合した安全性の高い、屋内用の水性ステインです。
木部に浸透し、木目を引き立ててくれます。
微臭であり、乾燥性も良いので室内での作業に適しています。
屋外用キシラデコールと同系色のカラーバリエーションも魅力のひとつです。





キシラデコール
 
【キシラデコールインテリアファイン・トップコート】
 屋内木部用美装・保護剤・水性

 キシラデコールインテリアファインを保護する、クリア仕上げのトップコートです。
 ツヤ有り、半ツヤ、ツヤ消しの3種類があります。



 





 

【よくあるQ&A】

Q:キシラデコールを薄めて使用しても良いでしょうか?
A:キシラデコールどうしを混合し、お好みの色を作ることは可能ですが、シンナーなどで薄める事は、絶対しないで下さい。


Q:キシラデコールを屋内の木部に塗っても大丈夫ですか?
A:キシラデコールは屋外用ですので、屋内には姉妹品のキシラデコールインテリアを使用してください。


Q:色見本と違う仕上がりになりました。どうしてですか?
A:木材の種類や、新材・古材で仕上がりが異なる場合があります。新しい木材は水分や油分を多く含んでいる場合が多く、塗料をはじきやすく、色が薄めに仕上がります。また、数年雨ざらしになった古い木材は、塗料が浸透しやすく下地の色の影響を受けやすく濃いめに仕上がります。


Q:キシラデコールの塗り替えは、何年を目安にすれば良いでしょうか?
A:塗り替え時期は、建物が建っている地理条件と環境で異なりますが、次のような状態になった時を目安にしてください。
・撥水性が低下した時(水をかけたときに、瞬時に吸収される)
・汚れがひどくなった時。
・退色が激しくなった時。
また、1回目の塗り替えは2年~3年後、以後は5年毎を目安にしてください。


Q・#101カラレスのみの使用は可能ですか?
A:#101カラレスは、有色キシラデコールの下塗り剤として設計されていますので、単独の使用はお控え下さい
 

ページトップへ