塗装用刷毛 合成樹脂塗料用刷毛 水性塗料用刷毛  
 注目キーワード  ユメロック  ペンギンシール
 キシラデコール  エスケープレミアムシリコン

 
2023年 02月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28     
今日
2023年 03月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

トップ > 塗装用具・機器 > 刷毛 各種

刷毛 各種の一覧



塗料専門店ペンキのササキは、刷毛専門店でもあります。
刷毛の種類や、刷毛の選び方など、刷毛に関する全てをお届けいたします。

【刷毛の歴史】
江戸末期に、黒船でペリーが来航し、様々な品と共にペンキがもたらされてから、
一般に塗装用刷毛という存在が広まりました。最初のペンキ刷毛は、外国製のコッ
ピー刷毛の模倣から、さらに外国人が2インチのカスト刷毛の注文を受けた刷毛職
人が、工夫をこらして、一寸筒形の刷毛を作ったのが始まりと言われています。
それが日本で、刷毛製造技術が著しく発展をとげるきっかけとなりました。
時代が進むと共に塗料の発展と、建築や橋梁の鉄部の塗装・保護・防腐・防錆のた
めにも、そして美粧へと広範囲に用途が広がり、それにともなう各種の刷毛の開発
も発達し、塗装の分野を大きく広げ今日に至っています。

【刷毛の形状】
刷毛の形状には、筋違い形と平形があり、特に16号の刷毛は寸筒形と呼びます。
ヨーロッパ、アメリカなどペンキを生んだ国々にはない、日本で生まれた独特の形状をしています。
手先が器用で手工具を工夫するのに巧みな先人の成果です。
明治時代の塗装業者は、筋違5号、10号、寸筒刷毛を「一組」と呼び、この三点でたいていの
仕事をこなしていました。
現在では、塗料、用途に応じて各種の刷毛が作られ、ユーザーのどのような要求にも、応えられる
ようになりました。

【刷毛の素材】
刷毛に利用される素材は、動物の毛に限っても多種多様です。
代表的な素材としては、馬・羊・豚・猪・鹿の毛です。
これらの原毛を組み合わせ、混毛比を工夫しながら、用途に応じて良質で使いやすい刷毛を作ります。
優れた原毛の条件は、毛先が繊細でかつ弾力性に富み、色つやが良く、それぞれの動物の特質を備えて
いることですが、産地、年齢、環境、季節などにより、微妙な変化があり、最良の条件で原毛を求めるのは、
容易ではありません。また、世界的に原毛が減少傾向にあります。

■馬毛
振毛(タテガミ)=耐水性に富み、尾毛より柔らかい。

馬蹄毛(蹄の周囲)=細筋でしなやか、弾力性が良い。高級原料。

天尾(尾毛)=馬の尾の産毛。耐水性・弾力性に優れた最高級品。

■豚
豚毛=弾力性があり、毛先が割れているので毛質の割りに柔らかい。

■山羊毛
ヤンオ(尾毛)=腰があり耐久性に富む。主に高級刷毛に使用。

ヤンス(アゴヒゲ) =ソフトで艶・弾力性があり、主に合成樹脂用などに使用。

白細(背中) =ニス用の主原料。毛先が細くしなやか。

■化繊
PBT =耐水・耐薬品性に優れ、反応硬化型水性用などの、高級化繊原料。

全178件

ページトップへ